BLOGブログ

第6回下島陽平杯

春ですねー。春休みは京都の後、韓国に行って、あっという間に終わりました。休んだ感じがしない。。。

新年度感がまったくない私ですが、息子は小学3年生になり、また子供教室の生徒達も一つずつ学年が上がって、成長を感じます。子供ってどんどん背が伸びて、どんどんできることが増えて、碁も上達して、本当にすごいですよね。

私はできないことが増えていかないように、がんばります!(なんて低い目標だ!笑)

さて先週の日曜日はお隣の富山県まで行ってきました。第6回下島陽平杯に参加するためです。

シトラスからは太郎君+ひかるちゃん+おじいちゃん、国分さん+富山の方2名、私+息子+おじいちゃんの3チームが出場。

マジックショーやトークショーもあり、いろいろなユニークな賞も用意されていて、老若男女みんなが楽しめるすばらしい大会でした。

今年はユニークネーミング賞の一つに選んでいただき、(チーム名「隣の対局が棋になる」)それが嬉しかったのか、大会が終わるやいなや息子は来年のチーム名を考え始めました。長考すればいいというものでもないですけどね。ともかくまた来年も出る予定です。富山の皆様、またよろしくお願い致します。

【写真】左上:収容人数を大幅に超えるたくさんの参加者。右上:下島先生とシトラスのメンバー。下:一枚マタギが書いた色紙が混ざってます。